読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oh!chanomart(オチャノマート)のブログ

最新号4号が現在発売中!オチャノマ+アートでオチャノマート。お茶の間で親子で作れるアート作品とそのレシピを紹介する雑誌。毎回「木で作る」「紙で作る」など素材を特集。他にも、特集にまつわるイラストレーターや、ミュージシャン、さらにはおじいちゃんやおばあちゃんの作品も紹介。子ども達の作品は美術作家の白井裕子が指導。

今年も、楽しい誌面を目指してがんばりたいと思います!

あけましておめでとうございます。

 

昨年は、たくさんの方のお力をお借りして、

オチャノマートの2号を発表することができました。

ありがとうございました。

 

今年も、楽しい誌面を目指してがんばりたいと思います。

よろしくお願いします。

 

みなさん年賀状はもう、だいたい届きましたか?

子どもの頃、年賀状を書くのがちょっとつらかったのを思い出します。

当時は手描きでしたので、送る枚数は限られる。

クラス全員に出すのは大変すぎる。

かといって、限られた人に出すのも、なんというか優劣をつけるようで。。。

結局、仲のいい人数人に出すのですが、

それも、こっちが仲がいいと思っていても、むこうはそうでもないかも。。。

などど、考えているうちにちょっとつらくなったものでした。

八方美人なだけなんですが。

今でこそ、SNSで、人間関係や交友関係が目に見えるようになりましたが、

年賀状は、人間関係を可視化する元祖だった気がします。

 

人間関係やコミュニケーションは、

あまり目に見えない方が、個人的には楽だな〜と思います。

そういったものは形がなくて、

なんとなく感じているくらいがちょうどいいのかなと思うのです。

 

そういう意味では、僕たちが作っている

雑誌というメディアは読者の反応が目に見えないのが、

 

ある意味いいところだと思います。

一方的といえばそうですが、

受け取ったメッセージや面白さにすぐには反応しなくても、

じっくりと熟成させて、読者の中に残っていくのも、

一つのコミュニケーションだと思うのです。

 

とはいいながら、フェイスブックで「いいね!」が増えたら、

やっぱり嬉しいですけどね(笑)

 

年始めに年賀状を見ながららそんなことを考えました。

f:id:ohchanomart:20140109145853j:plain